JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

農業の大切さ伝える教材寄贈 JA新しのつ

2022.05.26

【新しのつ】石狩管内のJA新しのつは25日、新篠津村の子どもたちに農業の大切さを学んでもらうため、新篠津高等養護学校と新篠津小学校の児童、生徒に食農教育の補助教材「農業とわたしたちのくらし」を寄贈した。

2008年度からJAバンク食農教育応援事業の一環として実施。教材は「JAバンクアグリ・エコサポート基金」が発行している。補助教材は農業と食や環境保全、金融経済との関係をまとめ、農業の役割や重要性、自然と社会環境とのつながりを学べる。

JAの長屋春美信用担当理事が両校を訪れた。「新型コロナウイルス感染症に気を付け、村の基幹産業である農業について一生懸命勉強してください」とあいさつ。同高等養護学校生徒会の遊佐克也会長と同小学校5年生の児童代表2人に計68冊を手渡した。

児童、生徒たちは「ありがとうございます。たくさん勉強します」と感謝した。

2022/04/30(土) 日本農業新聞 ワイド1北海道