JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

牛乳乳製品や小豆の消費拡大を呼びかけ JA上士幌町

2022.06.17

十勝管内のJA上士幌町は4月30日と5月1日の両日、道の駅で農畜産物の消費拡大運動を行った。設置した屋外テントでは畜産部門と農産部門の担当者10人が来場者に大きな声で購入を呼びかけた。11月開催の好評を受けて2回目となる。

牛乳・乳製品や小豆の消費拡大のため、道の駅の一角で行った。地域ブランド「十勝ナイタイ和牛」や地元産のあんこ、よつ葉乳業のチーズをたっぷり用いた本格ピザの他、特別価格のあんこなどを販売。また、「よつ葉特選北海道牛乳」(LL牛乳、1リットル)を1日200組限定で提供する活動もした。

道外から家族4人で訪れた男性(30代)は「子どもたちが『甘くておいしい』と喜んでいる。ニュースで消費低迷のことを知っていたので、頑張ってほしい」と話した。

JA担当者は「少しでも生産環境の改善につなげたいという思いがある。小豆の作付面積の拡大にも力をいれたい」とした。

2022/05/04(水) 日本農業新聞 ワイド1北海道