JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

生乳指定団体制度を解説する冊子製作 根室地区農協青年部連絡協議会

2022.06.17

根室地区農協青年部連絡協議会は、指定団体の意義を分かりやすく解説した冊子「もっと知ろう!私たちの指定団体制度」を製作した。若い酪農家ら青年部の顔写真も掲載し、指定団体の八つの機能をかみ砕いて説明。誰もが親しめるように工夫をちりばめ、指定団体の役割は生産者の営農活動を支える「生産者支援」ということを発信している。

指定団体の役割や大切さを知らない若い世代にも伝えたいと企画した。①国産生産需要の最大化と安定生産体制の確立②全体利益の酪農家間の公平な分配と相互扶助③乳価交渉力の強化と安定販売④飲用乳価の優位性の維持と安定乳価⑤集送乳の合理化と輸送力強化――などの機能について解説した。

5JAの青年部長たちが登場し、需給調整機能を持つ指定団体について一言キーワードを吹き出しで述べたのが特徴。顔写真には「乳価を安定させるためには、多様な取り引きが重要です!」「ミルクランド北海道のブランド力で価値を高めましょう!」などのコメントをつけた。

冊子は全10ページカラー。別海町中春別の酪農家である同協議会顧問の野矢貴志さん(42)は「親しみやすさを意識して作った。この冊子が、もっと指定団体を深く知りたいと思うきっかけになればうれしい」と話す。中標津町で酪農と畑作を営む同協議会会長の佐藤克幸さん(35)は「指定団体は個人では難しいさまざまな課題に対応していくことができる。多くの人に見てほしい」と呼びかける。

2022/05/12(木) 日本農業新聞 ワイド2北海道