JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

アスパラガスを給食に提供し食育授業も JAびばい

2022.06.17

【びばい】空知管内のJAびばいは20日、美唄市教育委員会を訪問し、市内の小中学校とへき地保育所の給食用に美唄産のアスパラガス50キロ、約1200食分を贈った。

JAの岸定組合長が取れたてのアスパラガスを天野政俊教育長に手渡した。

岸組合長は「今年のアスパラは質、量ともに非常に良い。地元のおいしい農産物を味わって大人になってほしい」と願った。天野教育長は「美唄のアスパラはおいしいと評判。給食を通して子どもたちへの教育がより豊かなものになっている」と感謝した。

贈ったアスパラガスは26日にアスパラの豚肉巻き、6月9日にアスパラサラダとして、2日間に分けて調理・提供する。

アスパラガスが給食で提供される日に合わせて、アスパラガスについて学ぶ食育授業をJAの若手職員が講師となって小学校2校の3年生に行う。

JAでは2015年から地域に根差した食育活動に取り組んでおり、アスパラガスの給食提供は今年で8年目。アスパラガス以外にもタマネギや米「おぼろづき」も提供し、市内の子どもたちが地場産農産物を口にする機会をつくっている。

2022/05/25(水) 日本農業新聞 ワイド1北海道