JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

北海道米や砂糖の消費拡大を若者にPR JAグループ北海道

2022.06.17

JAグループ北海道は29日、札幌市で開かれたファッションショー「札幌コレクション」の会場にブースを設け、若者に北海道米を使っただんごや砂糖を使ったスイーツをPRした。

同ファッションショーはアパレルや美容業界のスタッフを中心に、札幌の市場活性化を目的として2007年から開く。昨年はオンラインで行い、観客を入れて行うのは3年ぶり。若者ら約2000人が集まった。

JA北海道中央会などは米と砂糖のイメージアップと消費拡大を目的にブースを設置。JA北海道中央会などのインスタグラムをフォローした人に「いちごだんご」または「おむすび」を無料でプレゼントした。

ブースの前には長い列ができ、おむすび200個は約8分で、だんご250個は約30分でなくなった。天下糖一プロジェクトとして和スイーツのケーキ缶を500円で販売した。

JA北海道中央会の高橋雅史共通広報課長は「こんなに反響があるとは思わなかった。若い人たちにPRできた」と手応えを話した。

2022/05/31(火) 日本農業新聞 ワイド1北海道