JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

サポーターづくり優良事例表彰で最優秀賞 JA今金町

2022.07.25

JAグループ北海道の2021年度「食と農とでつながるサポーターづくり優良事例表彰」の最優秀賞に、JA今金町が輝いた。優秀賞にJAようてい青年部真狩支部、空知管内農業協同組合長会、JA木野、JAしべちゃが選ばれた。

21日の表彰式で、JA北海道中央会の小野寺俊幸会長がJAの工藤耕治企画審査課長に表彰状を贈った。JA今金町は昨年から町内の小学6年生全員を対象に食育料理教室を開き、総合的に地元食材・農業について学ぶ場を提供。継続実施して地域に根差した食育活動を進めていることが評価された。工藤課長は「今回の受賞をばねに今後も農業と食の大切さを伝えることに取り組んでいきたい」と話す。

JAようてい青年部真狩支部は医療・福祉従事者応援プロジェクトとして、札幌近郊の医療機関などにJAの農畜産物や加工品を寄贈する活動を行う。空知管内農業協同組合長会は米の消費拡大に向けた新米デカ盛弁を企画。JA木野は十勝管内のJAとの連携商品を次々と開発し、ハピオ(Aコープ)で販売した。JAしべちゃは牛乳の消費拡大を目指しミルクビールを開発した。

2022/06/23(木) 日本農業新聞 ワイド2北海道