JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

牛乳乳製品の消費拡大運動が好評 JA新得町

2022.11.10

十勝管内新得町とJA新得町、新得町酪農振興会が連携して取り組む牛乳乳製品の消費拡大運動が好評だ。

今夏には「ウエルカムドリンク」として町内の宿泊者に200ミリリットル牛乳パック1本、合計4500本を提供した。この他、町内の幼稚園と保育所の児童が酪農法人「北広牧場」で、従業員が作った紙芝居や○×クイズで牛乳への理解を深めた。また、小学校、中学校、高校6校の児童・生徒と教員合計506個のヨーグルトを提供した。

さらに、町の公式の動画投稿サイト「ユーチューブ」でさまざまな酪農の魅力発信に力を入れている。例えば、JA新得町営農部畜産課畜産係の岡野晴喜さん(30)は牛乳3リットル飲みに挑戦した。諦めそうになりながらも最後は無事に飲み干した岡野さんはすがすがしい表情で「牛乳はおいしい」とアピールし、好評という。

「しんとく新そば祭り」での牛乳無料配付(200ミリリットル500本限定)や、12月に町内の飲食店で行う割引キャンペーン(カウカウキャンペーン)もアップする予定だ。

同町産業課は「生乳生産抑制や消費停滞など課題を抱えるが、生産者の生産意欲まで停滞させたくない」としている。

2022/10/12(水) 日本農業新聞 ワイド1北海道